過去データの取り出しもすぐにできる!レジアプリで分析しよう

ロゴ

お店を始めるなら必要なものを揃えよう!

お店を始めることを決意したら、そのために必要なものを揃えましょう。調理器具やレジ機器など物理的なものの他、貸しおしぼりの業者との契約や、場合によってはレジアプリなど、物理的なもの以外に必要なものも揃えましょう。

貸店舗を探すときに重要視したいポイント

レジスター

居抜き物件

以前にその貸店舗に入っていた業者が使用していた調理器具や食器、備品などがそのまま残っている居抜き物件だと、開業時の初期費用が抑えられるのでお得です。貸店舗を探す時は、居抜き物件がないかもチェックしましょう。

お店のコンセプトと立地があっているか

貸店舗の立地と想定している客層があっていない地域では、お店の営業がなかなかうまくいきません。サラリーマン層をターゲットにしているのであればオフィス街にある貸店舗を選ぶなど、想定している客層が多くいそうな地域の貸店舗を選びましょう。

予算内に収まるか

貸店舗の賃料は、必要経費として毎月発生します。当然ながら、賃料が高いと毎月の出費も大きくなります。できる限り良い貸店舗で営業をしたいのはやまやまですが、無理のない運営ができる賃料の貸店舗を選びましょう。

物件の設備

貸店舗にガスや水道などが室内に引き込まれているかは必ず確認しましょう。これらが室内に引き込まれていない場合、大規模な工事が必要になり、想定外の出費が発生することにもなりかねません。電気は使用量が制限されていることもあるので、お店を営業するうえで問題ないかも確認しましょう。

立地と家賃のバランスを考えよう

貸店舗がある立地は集客に大きく影響します。なるべく良い立地の貸店舗で開業したいところですが、良い立地だと家賃もそれに応じて高くなりがちです。そのため貸店舗を探す場合は立地と家賃のバランスが非常に重要です。

飲食店を始めるときに利用したいサービスTOP3

店員
no.1

事業計画の制作

事業計画を作ってくれます。計画内容は多岐にわたり、貸店舗を借りるための資金調達や集客、お店のブランディングについての計画も立案してくれます。

no.2

物件や貸店舗探し

お店のコンセプトや予算にあった物件、貸店舗を探してくれます。都内を希望であれば都内で、大阪が希望であれば大阪の物件を探してくれます。

no.3

メニューの提案

お店の特色や立地にあったメニューを提案、開発してくれます。東京と大阪では食の好みも変わるので、メニュー考案の際には立地も考えなければいけません。経験豊富な飲食のプロがサポートしてくれるので、メニュー制作に行き詰まっている場合には是非利用したいサービスです。

レジアプリならコストをかけずに管理できる!業務の効率化を図る

飲食店

レジアプリを利用すれば低コストで売り上げ管理が可能

最近では従来のレジスターを使用せず、専用のレジアプリを導入する飲食店が増えてきました。レジアプリを使用すると、お店の売り上げ記録をデータベース化することができ、低コストで日々の売り上げ管理をすることが可能です。過去のデータが必要になったときもすぐに取り出せます。詳細な売り上げ分析もできるので、経営状況の把握や今後の売り上げ計画をたてる時にも役立ちます。会計にかかる時間や業務の処理も短縮できるので、業務の効率化という面でもメリットがあります。